他人の本棚

自分の好きな本(主にまんが)を羅列していきます。買った本の「表紙の画像」を載せるために作ったブログですが、たまに感想を書きます。


谷川史子

 誕生日にもらった『手紙』という単行本を読んで、ファンになる。
 新刊を買いながら、旧作も少しずつ揃えているところ。いずれ、出ている本を全て買い揃えるつもり。






















購入予定:『おひとり様物語』第2巻〜


にほんブログ村 漫画ブログへ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/21(金) 10:58:27|
  2. authors

高野苺

 この作家の公式ブログを拝見したら、いずれ漫画家をやめるかもしれない…というようなことが書いてあって、ショックだった。
私はこの作家が描くまんがが好きだ。良いまんがだと思う。好きな時に、好きな物だけ描いてくれたら、私はそれを買いたい。
 この人の新作がweb漫画として発表されたら、私はお金を払ってダウンロードすると思う。



2, 3…9,



2012年4月号の表紙


2012年8月号の表紙



2011年9月増刊号の表紙


2012年1月増刊号の表紙



購入予定:『orange』(第2巻〜完結するまで)

にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/09/16(日) 11:00:08|
  2. authors

渡辺カナ

 高校生の頃、イエスというバンドのCDを店頭で見た。こわれもの、危機、究極…と、物騒な響きの邦題が並んでいた
→「バンド名の"イエス"って反キリストみいたな? 」「これはデスメタルみたいな怖いバンドで、不良が聞く音楽だ」と勘違いした。
(中略)
→先輩とユニオンツアー見に行く
→大ファンになる。
(ちなみに、初めて「早く発売日にならないかな」と待ちこがれながら、復刻版ではなく初版で買ったCDはTalk)

 上述のは私の思い出に過ぎないけれど、「極論すれば、全ての音楽はラブソングである」とも取れるまんがを読んだ時、「正にその通りだ!」と、同感しながら感激。

 「この作品は芸術的に優れている」と語る人に、私はあまり共感しない。「ラブソングだから」、私は好きなのだ。





購入予定
9/25 『星屑クライベイビー』

にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/09/03(月) 07:25:59|
  2. authors

川原泉

 中学の時に貸してもらった、『笑う大天使』『銀のロマンティック…わはは』を読んでファンになる。それまで『りぼん』しか借りていなかった私にとって、初めて読む白泉社のまんがだった。
 高校受験が終わってから真っ先に購入したのも上記の2作。
 高校進学を境に、「ウイングス→自分で買う/花とゆめ→借りて読む」という時期がしばらく続く。













2, 3, 4,





自分が持っている物と同じ本の画像が見つからなかった作品:
『甲子園の空に笑え!』
『フロイト1/2』
『メイプル戦記』


にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/08/30(木) 21:25:35|
  2. authors

草凪みずほ

 平成20年のはじめ、どうしても続きが読みたい作品があって、コンビニで『花とゆめ』本誌を衝動買い。思い返せば、ぼく地球と赤僕が掲載されていた頃は「借りていた」ので、「自分で買う」のは、この時が初めてだった。そして、目当ての作品以外で、最も引きつけられたのが、『NGライフ』。引きつけられたというか、むしろ「釘付け」。花とゆめを買うのをやめられなくなって、今に至る。



2, 3…8,

2, 3…8,

ドラマCD付き第9巻


ザ花とゆめ2009年6/1号
(画像が見つからない)

花とゆめ2012年11号の表紙


2012年17号の表紙



にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/08/29(水) 21:58:22|
  2. authors

ふじつか雪

 新刊の題名が分かったので、イキオイでページだけ作成してしまった。あとで加筆しよう…。

 8/29加筆:
 ファンになったきっかけは、『金魚奏』。この作家の醍醐味は、『空の少年』に採録されている『アカツキの楽園』に凝縮されているような気がする。人と人との「信頼」から生まれる暖かさの描き方が、すごく良い。
 『星屑図書館』以降は、よみきりが掲載されている雑誌も全て購入。







購入予定
10/5 『花咲きカノン』


にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/08/28(火) 21:18:14|
  2. authors

本棚/作家一覧

 
香魚子 →棚へ

いくえみ綾 →棚へ

音久無 →棚へ

川原泉 →棚へ

河原和音 →棚へ

草凪みずほ →棚へ

さいとう・たかを →棚へ

咲坂伊緒 →棚へ

椎名軽穂 →棚へ

末次由紀 →棚へ

鈴木ジュリエッタ →棚へ

高尾滋 →棚へ

高野苺 →棚へ

高橋留美子 →棚へ

高屋奈月 →棚へ

谷川史子 →棚へ

椿いづみ →棚へ

手塚治虫 →棚へ

中原アヤ →棚へ

八田鮎子 →棚へ

聖悠紀 →棚へ

藤子・F・不二雄 →棚へ

藤子不二雄A →棚へ

ふじつか雪 →棚へ

緑川ゆき →棚へ

山田南平 →棚へ

ろびこ →棚へ

渡辺カナ →棚へ
 
  1. 2012/08/26(日) 15:38:39|
  2. authors

香魚子

 作品を産み出す人の「かっこよさ」が凝縮されているようなまんがを描く作家だと思う。まんがに限らず、「作品を産み出す人」のかっこよさというのは、世間一般で云われるような「かっこよさ」と比べると、かなり異質だと思う。一言で言えば、「洗練されている」とか「スマート」というようなかっこよさとは、かけ離れている。
 いわゆる「産みの苦しみ」だよねと、一括りにはできない。
 「美意識」という言葉を使わせてもらえば、私はこの作家の美意識にとても共感できる。







別マsister創刊号の表紙



購入予定
9/25『魔法使いの心友』第1巻


にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/08/26(日) 10:40:17|
  2. authors

高尾滋

 少女漫画家の中で、私が一番好きな作家。この一言につきる。「幸せな気持ち」になりたい時に、読むまんが。









花とゆめ2008年13号の表紙
(画像が見つからない)

別冊花とゆめ8月号の表紙


購入予定
9/20 『忘れ雪の降る頃』

10/20 『マダム・プティ』第1巻


にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/08/26(日) 09:59:04|
  2. authors

さいとう・たかを

 言わずと知れた、偉大な劇画家。私ごときがさいとう・たかをについて語るなんて、おこがましい。
ただ、例えば『ゴルゴ13』に対して、「この漫画ってさいとうが全部を描いてないじゃん」という類いの批判は、的外れだという指摘だけしておきたい。









2, 3…164,


にほんブログ村 漫画ブログへ
  1. 2012/08/26(日) 09:11:06|
  2. authors

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

PROFILE

Baron Pierre Togo(Wrlz)

  • Author:Baron Pierre Togo(Wrlz)
  • 書いている人:バロン=ピエール・東郷(Wrlz)

    毎月、5日と20日頃に、『花とゆめ』を買います。10日と25日頃に、『ビッグコミック』を買います。13日頃に、『別冊 マーガレット』を買います。26日以降に、『別冊 花とゆめ』を買います。

    mixi: 5​140​271​(「ゴルゴ喫茶」というコミュの副管理人をやっています)
    twitter: wrlz

Recent entries

Monthly archive

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Links

RSS field

mailto:

名前:
メール:
件名:
本文:

count


FC2Ad


PAGE
TOP